2010年02月22日

「一つの糧にして」=国母選手の騒動で−川端文科相(時事通信)

 川端達夫文部科学相は19日の閣議後記者会見で、服装問題が騒動になったバンクーバー五輪スノーボード男子ハーフパイプ代表の国母和宏選手が8位に入賞したことについて、「いろいろ問題があったが、競技に専念していい結果を出してくれたことは良かった」と評価した。その上で「スポーツマンだから、それを一つの糧にして、いい競技が続けられるように、このことが彼の成長に大きく役に立つように期待している」と今後の選手活動にエールを送った。 

桜開花、全国的に早めか=岡山や銚子は7日の開き−3社の予想出そろう(時事通信)
「介護に疲れた」母の首絞める 都立病院職員の長男逮捕(産経新聞)
<無国籍難民訴訟>退去強制処分は違法 東京地裁判決(毎日新聞)
<普天間移設>社国両党の提案聴取後、政府内で絞り込みへ(毎日新聞)
<ハイチ大地震>NGO代表の医師、メールで「感染症心配」(毎日新聞)
posted by イワヤ ノブアキ at 13:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。